マム・クラブ白馬八方尾根ユニットの予約がはじまりました!

クリスマス会を行いました♪

12月14日は、マム・クラブのクリスマス会でした。
マム・クラブのクリスマス会は、子供達の心にプレゼントを贈りたいと思って行っている会です。
今回は初めて、演劇によるコミュニケーション能力の向上を目指したワークショップを行いました。
文学座出身の2人の女優さんをお呼びし、「かおかおどんなかお」を英語と日本語で読んでもらい、悲しい顔、楽しい顔、眠っている顔、怒っている顔など、状況を考えながら、みんなで演じました。
そして、サンタさんのお弁当食べた後は、お楽しみ会を行いました。

これからの教育に大切なのは、コニュニケーション能力を育てることと言われています。それには、
お芝居を演じるということは、とても良いことだそうです。

今回、指導を行なった2人の女優さんに感想を頂きました。

佐藤 舞さん
「演劇を通したコミュニケーションワークショップを行いました。
いろいろな顔を通して、なんで? ➡️ やってみる。
・発表する ➡️ 自分を表現する。
・発表を見る ➡️ 他人を受け入れる
コミュニケーションがとれる人間に育つようにプログラムしました。」

クララさん
「各ユニットの寸劇がそれぞれ個性が出ていてとても良かったです。
絵本読みの時間もみんながキラキラした目で見て、聞いてくれて嬉しかったです。
Thank you and have a merry Sweet Christmas!!」

まあくん

この記事を書いたのは、代表の諸川雅子先生だよ!
【 いいなと思ったら、SNSで共有してね♪ 】
Translate »